ホーム > ニュース > 活動報告 > 石原都知事と各界著名人が白熱のブログトークを展開!

活動報告一覧

石原都知事と各界著名人が白熱のブログトークを展開!

活動報告

 東京ミッドタウン・ホールで1月26日(月)、「TOKYO MOVE UPトークスペシャル」(主催/TOKYO MOVE UP PROJECT実行委員会)が開催され、東京オリンピック・パラリンピック招致委員会会長の石原慎太郎都知事が、若者世代の文化人・著名タレント・人気ブロガーたちと2016年東京招致について白熱のブログトークを繰り広げました。

(写真提供:フォート・キシモト)

出演者:
 石原慎太郎都知事(東京オリンピック・パラリンピック招致委員会会長、東京都知事)
 有森裕子さん(東京オリンピック・パラリンピック招致委員会招致大使)
 浅田好未さん(タレント)
 AAA 日高光啓さん・宇野美彩子さん(歌手)
 いしたにまさきさん(ライター・ブロガー)

ナビゲーター:小山薫堂さん(放送作家)


(写真提供:フォート・キシモト)

 この日のゲストで、東京オリンピック・パラリンピック招致委員会の招致大使を務める有森裕子さんは、「オリンピックは、うそのない、一瞬しか見ることのできない究極のアート。ぜひそれを見てほしい」とスポーツの枠にとらわれず、芸術や音楽の分野と相互リンクをする重要性、そのために若い力がますます必要であることを会場の若者に訴えました。

 また、ご自身が二度のオリンピックに出場した経験から、「選手たちが最も励まされるのは地元の盛り上がり。日本では、まだまだ“自分の国でオリンピックをやりたい!”という盛り上がりが足りない」と招致の課題を挙げる一方、「それ以外は東京が一番高い評価を受けている」と強調。すると、この言葉に熱心に耳を傾けていた若者たちから、「東京にオリンピックが来る可能性は低いと思っていたが、いい線いっていると聞いて期待感が膨らんだ」との声が上がりました。


(写真提供:フォート・キシモト)

石原都知事

「2016年の東京オリンピック・パラリンピックは、通常よりお金をかけないものにするし、東京ならではの“粋”(いき)を表現したい。ユビキタスのような、外国人が安心して東京を楽しめるような体制も準備したいと考えている」


(写真提供:フォート・キシモト)

小山薫堂さん

「東京は環境面への配備も世界トップクラス。オリンピック・パラリンピックの経済効果はもちろん期待できる」


(写真提供:フォート・キシモト)

浅田好未さん

「オリンピックは子どもに夢を与えてくれる。私も子どもを持つ一人の親として開催を強く願う」


(写真提供:フォート・キシモト)

AAA 日高光啓さん・宇野美彩子さん

「東京には他の都市や国に負けない最先端の技術がある。それを世界にアピールしたい。自分たちは歌でオリンピックに参加したい」


(写真提供:フォート・キシモト)

いしたにまさきさん

「良いブログを書くためには、さまざまな経験が必要。東京(地元)でオリンピックを経験できることに大きな意味がある」


 イベントの最後には、未来のオリンピック選手を目指す子どもたちがサプライズゲストとして登場し、石原都知事に応援メッセージの寄せ書きを贈呈。都知事は「絶対にオリンピックに出ろよ!」と子どもたちを激励し、「スポーツに励む子どもたちのためにも、オリンピックの開催は絶対に実現させなければいけない。みんなで夢をみよう!」と会場に呼びかけました。

(写真提供:フォート・キシモト)

 今回のトークイベントは、東京オリンピック・パラリンピックのビジョンやコンセプト、波及効果などを説明することで、東京でオリンピック・パラリンピックを開く意義をご理解いただき、東京が世界に誇れる都市であることを再確認していただく試みでした。7年後の東京で、世界中が注目するオリンピック・パラリンピックが開催されるとしたら・・・。


(写真提供:フォート・キシモト)

 さまざまな可能性を秘めた、この日本を担うのはお若い世代の皆さんです。ぜひ、若者ならではの視点でオリンピック・パラリンピックについてお考えいただき、ご意見をお寄せください。

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★
公式ブログ「“こちら招致委員会”」にカキコミをしよう!
トークイベントの模様も動画でご覧いただけます。
☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★